学校サポートは無償です。

どのサポートが必要ですか?

申し込みの手順

 

【問い合わせ先】

 

〇クラスサポーター制度を利用する場合は市教委へ

 

〇不在サポート、訪問サポートを依頼するときはSmileういんず事務局へ

*ただし、訪問サポートについては、モニタリング期間につきモニター校(*)が対象となります。

(*)

モニター校は、H29年度賛助団体になってくださった学校です。

〇クラスサポーター制度

☞ 担任・担当がその場に居るところでサポートします

通常のクラスで特別な配慮が必要な子どもの支援や、そのクラスの支援を新潟市教育委員会の委託を受けて行います。

新潟市教育委員会学校支援課に前月の20日までに申込みます。翌月、継続したい場合も同じように申込む必要があります。

〇不在サポート

☞ 担任・担当が不在の場合に子どもたちを見守ります

担任が数日間不在になり学校内での見守りが困難なとき、そのクラスの子どもたちの見守りをします。保健室の養護教諭の不在や、音楽会のピアノ伴奏者不在にも応じます。

直接、事務局にご連絡ください。

 

〇訪問サポート

☞ 事務作業に特化したサポートです。    

☞ モニタリング期間につきモニター校募集!    

学校現場の先生方でなくてもできる事務仕事ならお任せ!

教職員OBだから学校の事務作業は経験済みです。少ない打合せで確実に対応できるはず。

 

サポート期間;H29.10~H30.3まで

時間・回数;1時間程度の作業×4時間

*モニター校には、賛助団体になっていただくことをお願いしています。(1口 5000円)

 

ダウンロード
訪問サポートのお知らせ.pdf
PDFファイル 822.4 KB
ダウンロード
希望調査票【後期】(シート別にメニュー表等).xlsx
Microsoft Excel 193.5 KB
ダウンロード
訪問サポートチラシ.pdf
PDFファイル 3.7 MB

1 学校サポート対象区

*新潟市内の小学校です

提供会員数と運営資金の両面で、今現在は限定をかけさせていただいています。

(*)

対応できる会員がいる場合はどの区の学校でもサポートさせていただいています。

まずはご相談ください。

 

私たちは会員の年会費で運営費を賄っていますので、今後、活動を広げていくためには、会員を増やしていくことが必要です。

私たちの活動に賛同してくださるようでしたら、是非、会員になってこの活動を支えてください。



2 サポート依頼の手順

①まず事務局に連絡をください。

はじめてご利用いただく学校の場合、要請をいただいてから実際にサポートに入るまでに、少なくとも3日程度は必要です。あらかじめ要請日が分かっている場合は、早めにご連絡ください。ご挨拶と共にシステムやサポートに関しての説明をさせていただき、その後、実務的な打合せをさせていただいています。なお、依頼が2回目以降の学校の場合は実務的な打合せのみになります。緊急の場合は個別にご相談させてください。

電話、fax、mailいずれでも結構です。(小川;090‐7260‐6976 渡辺;080‐5189‐0912)

②事務局から対応の有無をお伝えします。

事務局でご依頼に対応できるサポーター(教員OB)を探します。マッチングできない時は要請にお応えできないこともあります。ご了承ください。

③(マッチングできた場合)学校にご挨拶と打合せに伺います。

事務局として学校に挨拶に伺い、この団体のシステムの説明をいたします。納得していただいたうえで、その後、サポーターと実務的な打合せを行います。忙しい学校現場のサポートが目的なので、なるべく少ない時間での打合せを心掛けています。そこで、事前にサポートプラン表(学校の自習計画が作成されている場合、それで結構です)へのご記入をお願いしています。メモでも構いません。より安全で確実なサポートにするために、いつ、だれが、どこで、どんなサポートに入っているかを事務局として確認させていただくためです。


ダウンロード
H28サポートプラン表.xlsx
Microsoft Excel 703.3 KB

④サポートに入ります。謝礼、お礼の手紙は一切いりません。

*実際の様子について知りたい方は…